NEWS

『ゲーム・オフ・スローンズ』のエミリア・クラークが映画『ラスト・クリスマス』に主演!

CATEGORY | INFORMATION
POSTED | 2018年12月25日
『ゲーム・オフ・スローンズ』のエミリア・クラークが映画『ラスト・クリスマス』に主演!
『 ゲーム・オフ・スローンズ』のエミリア・クラークが映画『ラスト・クリスマス』に主演!サントラにはワムの名曲やジョージ・マイケルの新曲も!

『 ゲーム・オフ・スローンズ』で「ドラゴンの母」デナーリス・ターガリエン役で大ブレイクしたエミリア・クラークは、その後『世界一キライなあなたに』や『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で一気にハリウッド大女優となった。

監督は『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』や『ゴーストバスターズ 』のポール・フェイグ。メインキャストには『クレイジー・リッチ!』のヘンリー・ゴールディングとミシェル・ヨー 。

脚本は『ラブ・アクチュアリー』などの女優エマ・トンプソンとパーフォマンス・アーティスト、ブライオニー・キミングスが担当。

ストーリーについてはまだ具体的な情報はないが、エミリア・クラークは一年中クリスマスの店でエルフとして働いてる、いつも怒っている独身女性ケイト役を演じる。ヘンリー・ゴールディングは人の良すぎる男トム役を演じる、絶対上手くいかないはずのカップルだがロンドンに降りた魔法のクリスマスにはどんな展開が?

本作のサントラには、ワムの世界的な名曲「ラスト・クリスマス」が使用される。また、2016年クリスマスの日に53歳の若さで亡くなった伝説的なグラミー賞受賞アーティスト、ジョージ・マイケルの未発表の曲も初公開される。

クリスマスにぴったりのロマンティック・コメディーは2019年11月15日に劇場公開予定。